ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

痛い思い出

人は色々なトラウマがあると思う

子供のころ アパートの外階段で
カンカンカンとあがる間が透けて見える階段
って説明でわかるだろうか?

その階段で2回ほど 同じ子に突き落とされた

その記憶が 未だにある 幼稚園生のころかな?

それ以来
はしご
つりばし
間が見える階段

等は怖い 

高所恐怖症といても足元がしっかりしていれば
大丈夫なんだけど・・・

今日 ふと、そんなことを思い出した
by natume-kokoro | 2010-02-09 21:23 | その他 | Comments(5)
Commented by zenemon at 2010-02-10 07:45
夏目さん こんにちは
私は小学校低学年の頃、親の友人や親戚と海水浴に
行った時に泳げない私をボートに乗せて沖まで連れて
行き、ひっくり返すという手洗い方法で泳ぎを仕込まれ
ました。
案の定、大人達の思惑は外れ私は溺れかけて水が怖
い子どもになってしまいました。 
その時のトラウマは大人になるまで消えず、足がつくプ
ールでならなんとか泳げるが足の付かない海では泳げ
ませんでした。

つづく
Commented by zenemon at 2010-02-10 07:45
結婚してできた子どもが軽いアトピーがあるということで
私はステロイドは塗らせずに、毎週海に連れて行き砂浜
で遊ばせて治しました。
その時にふと、「すこし高い波が来て子どもが流された
ら助けられない父親」である自分に気がついたのです。
そこからトラウマを壊す為にトライアスロンやスキューバ
を始めたのです。 
足がつかない海が怖いのは足の下に何があるか判らな
いからだと。
ならば底まで潜ればいいじゃないか。とね。
陽性でしょ?(笑)

そうして子どもには変なトラウマができないように水泳も
教えました。 競技に出るくらいまで上達したところで私の
手から離しました。無事に2人とも死なずに成人してくれ
ました。 

トラウマは抜けにくいものです。
しかし、親となり、子どもを守る為ならいつでもどこでも
100%自信の身を投げ出す覚悟があるならばトラウマは
消せます。 
ようは「覚悟」なのですね。

そんな経験が私にはあります。
Commented by natume-kokoro at 2010-02-10 09:51
中川さん こんにちは。
そんな思い出、経験が中川さんにもあったのですね。
この記事を読んで思い出されたトラウマが・・・
記事にしてみますね。(笑)

「覚悟力」ですね。
中川さんの素敵な話に胸がジ~ンとしました。
ありがとうございます。
Commented by fumiyomal at 2010-02-11 19:24
夏目さん、こんばんは。
夏目さんの記事も 中川さんのコメントも、じぃ~ん。。ときました。

↓こんなことをプロフィールに書いている、知人がいます。

小学校低学年の頃プールで溺れ、その後水泳が得意となる。
中学1年の頃、数十人で腕相撲をし、誰にも勝てなかった事から、
体力づくりに励むようになる。
いつしか自分の限界を知る事が趣味となり、20代後半に3年間の
海外放浪生活を体験する。
知識や知恵は出会うものから得られるが、最終的な答えは自分の
内側にあることを知る。

読んだ時、この人いいな~と思いました。

そして「私はこういう生き方をしてこなかったなぁ~」と。。。
でも、人生はこれからも続いています。
「覚悟」なのですね。
ありがとうございました。
Commented by natume-kokoro at 2010-02-12 05:14
ふみよ丸さん おはようございます。
素敵なお話を聞かせていただいてありがとうございます。
「覚悟」「自分を知ること」キーワードのようですね。
人生をどう生きるか 大きなテーマですね。
いつもコメントありがとうございます。
<< なるほど~ 知っている? >>