ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

食事の大切さ

食事の大切さは、分かっているつもりでした。
理解しているつもりでした。

そう、つもり。
自分であまり望ましくない食事をしてみて、
身体で痛い思いをしたり、体調を崩したり
して、その本当の大切さを痛感しました。

また、食への考え方も変わってきました。
購入したり、注文したものを、残したり、
余らせるのは良くないというか、もったいなし、
失礼だと思っていました。
もちろんちゃんと残さなかったり、
余らせないという事も大切だと思います。
適量を知る事。判断できる事。
でも、時と場合によっては、残しても良いんだな〜
と思いました。
外食をしないのが、自分の適量を食べる
のには一番よいのだと思います。

子供の食べ残しも、お腹いっぱいだけど、あ、この
一口くらい食べちゃおうか。と、食べていました。
その結果・・・チリも積もりゼイニクに(涙)



自分に必要な量、家族に必要な量。むしろ
少し少なめでちょうどいい。

食べるという事への執着の観点が間違っていたと
ふと感じました。

人にどう思われるのか?周りを気にしすぎていたのか?
ただ単に、もったいないというお化けが住み着いて
いたのか?

自分の身体に合わないものは、食べなくても良い。
また、みんなが食べていたって、食べたくなければ
食べなければ良いのです。

そう、「食べない」という選択肢もあるんだ〜と。
それによって自分の身体が左右される事を学びました。
食べられないときは、食べられないと言えばいい。

食べ物で、性格や人相も変わります。
大切だと知って、分かっていたつもりの食べ物。
改めて、本当に大切なんだな〜様々な事に影響する
のだな〜と、人を見たり、自分の食生活と体調を
見て感じました。

食事と生活。
食事と気分。
食事と体調。
食事と行動。
等等、知りたい事は沢山あります。

何だか、ちょっと視点が変わった気がします。
あれ?大丈夫かな?勘違いしていないかな?
なんて感じならがらですけれど。(汗)
by natume-kokoro | 2010-09-27 18:17 | 日々の出来事 | Comments(2)
Commented by koto215 at 2010-10-01 04:43
夏目さん、おはようございます♪
特に最近の夏目さんは、いろいろなことを深く々々考えていて
感心してしまいます…
ご家族に対しても、悩みながらもいつもそこに愛情がたっぷりで
夏目さんのまわりにいる方はお幸せ♪
きっと、とっても暖かい雰囲気でいっぱいなんだろうな~って、
こちらまで幸せな気持ちになります(^^)

お食事の大切さは、私も今までも意識してきたつもりでしたが、やはり
むそう塾と出会ってからは以前にも増してその大切さを実感
しているところです。
食べるものによって、身体はもちろん、気持ちや行動にまでこれほど影響
を与えるものだとは思いませんでした。

おつきあいももちろん必要ですが、「みんなが食べるから」とか、
自分の許容範囲を超えてまで「残さないように」は必要ないのでは…
と、身をもって感じています。

私も食べることは基本的に大好きなので、これからいろいろ勉強していきたいです♪
また学びの場でもご一緒できたらいいですね~^^

Commented by natume-kokoro at 2010-10-01 05:24
kotoさん おはようございます♪
お肌ツルツルになったkotoさんにコメント頂けて
嬉しいです♪
いえいえ、今まで、何も考えずに来ていたのだと
ハッと氣がついたという感じでしょうか(大汗)
「残したらいけない」とか、「同じものを食べな
ければ失礼」とか、色々と植え付けられてきていたり、
信じきっていたり、偏った考え方しか出来ていなかった
という感じです。
kotoさんは、いつもいつも丁寧に生きていらっしゃると
そう感じます。私にはそれがなかったんですね〜トホホ
でも外食におつきあいすると、凄い量食べていたんだな
と感じる今日この頃です。最初に半分でお願いしますって
言いたくなるくらい。半分でも多い時もある。
また、ご一緒できる日を楽しみにしております♪
<< お料理が楽しい♪ 土曜学校のお話 >>