ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

我が家の食事情

先日呟いたんですけど・・・
呟きは埋もれてしまうのでこちらに記録として記事に
してみます。

子供たちの最近の口癖は
「ママ、最近お料理上手になったね〜」って
はい。10歳と4歳の子供に言われる日々(苦笑)

嬉しいけど、今まではどんなお料理だったのだろう?
美味しいって食べていてくれたけど・・・
と大汗をかいたりして(笑)

ふと我が家の食の変化の歴史をたどってみたくなった。
たどってもどうってことないんですけどね(苦笑)



<結婚前>
実家は、父が夕食時に間に合えば毎晩、晩酌をしておりましたので
酒のつまみが多かったですね(酒のつまみが大好きな由縁かも)。
そして、おかずが沢山ありました。

<結婚後>
夕食には最低でも3品ないと、夫に悪いと思っていた私。
夫は下宿生活をしていたので、3品なんて多いと思っていた
そうです。
例えば、焼き魚、煮物、おひたし
    お肉、煮物、サラダ

<息子が産まれて>
玄米ご飯と出会う(多分、酵素玄米)、自分で炊飯器で水加減を
試行錯誤しながら、当時ではそれなりに美味しいと感じられる
玄米ご飯を炊く。その後、圧力鍋を買い、見よう見まねで
炊飯器よりは美味しく感じる玄米ご飯を炊けるようになる。
無農薬野菜という存在をしる。
子供の舌は正直で、無農薬野菜のお料理はよく食べるという色々な
エピソードを体験する。息子が産まれてからずっと玄米ご飯となる。

北関東に引っ越して来て、玄米菜食やマクロビオティック料理
というものと初めて向き合う。お手当なども知る。
無農薬野菜の定期便をとるようになる(が、現在はやめました)
一気に我が家から肉が消えた。砂糖は最初からあまりお料理には
使っていなかったので問題なし。

お料理教室に初めて通うようになる。
この初期は、マクロビオティックじゃなければ
おかしい!変だ!というスパイラスにハマった時期だったかな〜。


<娘が産まれて>
娘のアトピーが酷かった。
少しほとぼりの冷めていた、マクロビオティック料理が再び。
でも、数年通ったお料理教室に何ともいえない思いが
ふつふつと大きくなり、苦しさや不快感を感じ始める。
違うお教室に変更しようと思って行動していた。

自然療法のお教室は、内容には満足していたが、
違う意味で考える事があった。

マクロビオティックのお宿に出会い、辛い娘の
アトピー生活にも、外泊ができるという心の
よりどころができ、大変沢山の方との出会いで
救われる事が多かった。今でも感謝しております。

単発で、お教室を受ける事となる。
有名な先生や、素敵な先生に出会う。
が、単発なのと、私の基本的な知識がなくて、
正しく吸収できなかったのだと思う。

また、厳格にマクロビオティック生活をされている方と
実生活のギャップに悩み、自分を責め続けていた。

玄米ご飯は、知り合いの中では、私が炊く玄米ご飯は
美味しいと言ってもらえる事が多かった。

ここで中川式玄米と出会う。玄米ご飯が美味しくなった。
それだけでも我が家には大きな革命であった。もう
以前の玄米ご飯には戻れないな〜(贅沢)


お持ち帰り鍋を食べた瞬間は、本当に我が家に
闇雲にキチキチに間違ったマクロビオティックをしていてた
氷河期だった我が家に一気に春が訪れたような心身ともに、
緩んだ瞬間だった。

ずっと続けていた食材宅配や、有機野菜の定期宅配もやめる。

その後、むそう塾の幸せコースで
正しいマクロビオティックというものを初めて勉強する。
そして、いかに今までが 危険ともいえる間違った事を
実践していたのかを思い知る。

現在、我が家の食卓には魚、肉の登場も頻繁ではないが登場する。
魚はちょっと多過ぎかな。でも今までのキチキチの氷河期から
の反動ともいえるのかもしれないと、長い目でみている。
ただ単に、献立の組み合わせ方が悪いのかもしれない(可能性大)

大切なものはなんなのか。
多くのしがらみや体裁で包まれていたものを一枚一枚
はがしている。全部はがれたら、頭の中で描いている理想の
世界が待っている♪そう思うとワクワクする。
でもなかなかこの一枚がはがれない(苦笑)

生きているって本当はもっとコツコツと派手ではないのに
素晴らしい満足感のあるものなのではないかと思う。安定感。

小さな積み重ね、小さな集まりが、大きなどっしりとした
安定感に繋がるんだな〜と感じている。
目先ではない、目に見えない大切なものを沢山感じずに
来てしまったのかな〜と反省。

家族夫々の身体(心)にあった、お料理をしていけるよう
日々、技術はもちろんのこと、精神修業のさなかなのです。

と、我が家の食事情の記録でした。
by natume-kokoro | 2010-11-09 09:25 | むそう塾 | Comments(4)
Commented at 2010-11-12 05:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by natume-kokoro at 2010-11-12 16:06
鍵コメさん こんにちは。
お返事お待たせしちゃいましたね。すみません。
過去記事
5/31 第六回炊こう会に参加するにあたって番外編
にて、マクロ美風さんからのコメントをいただきました。
そのコメントをコチラに抜粋させていただきます。

「Commented by マクロ美風 at 2010-06-01 09:10 x
 一日のために29日を頑張る。
 そんなメリハリのある生活は、陰陽そのものなんですよね。
 自分のことを優先させることがいつも悪いとは限りません。
 大人の生き方が出来れば良いのです。
 ダラダラといつも子供のそばにいることが子育てではないこと を知れば、子育ても生き方も楽になりますよ。
 要はポイントを押さえることですね。」

家族に負担がと思っていても、意外と家族も楽しんだり
成長したり発見があったりとするチャンスなのではないでしょうか?何もご心配する事はないと思いますよ♪私もまだまだですが、ご理解のある鍵コメさんのご家族ですから、協力しあって
過ごされるのではないでしょうか?
的確なお答えが出来なくてごめんなさいね。
こちらこそ、是非 またお会い出来る事を楽しみに
しております。
また、いつでもコメントしてくださいね。
Commented by 知子 at 2010-11-13 08:52 x
夏目さん

おはようございます。早速のお返事ありがとうございます。
いただいたコメントしっかり自分の中に落とし込みます。
そして夏目さんがおっしゃるように わたしのワクワク♪どきどき♪を家族みんな巻き込んで楽しんでしまおう!くらいの気持ちで臨みたいと思います。我が家族 玄米ご飯の素晴らしさをそれぞれがそれぞれの形で体感できていることはとても心強いです。
もっともっと自分の人生楽しんでいきます。
ありがとうございました。
また お邪魔させて下さい!
Commented by natume-kokoro at 2010-11-14 00:26
知子さん こんばんは。
いえいえ。少しでも気持ちが楽になられたら嬉しいです。
いつでもどうぞいらしてくださいね♪
<< キクイモの糠漬け 心の澱 >>