ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

味の差

自習中に自分で作った筑前煮と中川さん作の筑前煮の一部

これを自宅で食べ比べしました!
使った材料も、調味料の分量も全て一緒です。
なのに、仕上がりのお味は、本当に違うのです。

色々な話になり、とっても楽しかったです。

間違いなく、中川さんの方が美味しいのですが、
子供たちの反応は面白かったです。



お芋(里芋)はママの方が美味しい
でも人参は中川さんのほうが美味しい

とな。

はは〜ん 氣を使っているのかしら?と
思ったのですが、夫も同じ答えでした。

ふむ。考えられる事は2つ。

1つ目は、自分で作った煮物はたっぷりのお汁と
ほかの具材も沢山一緒にお持ち帰りの容器
に入っている状態で持って帰ってこられて、
一晩煮汁に浸っていた。
一方中川さんの筑前煮は、みんなで分けたので
少しずつでしたので、煮汁も少ししかなかった。
ということの差ではないかと。

2つ目は、大変 生意気な言い方ですが、
家庭の味つけということで、私がお料理したので
普段の味付けの癖を食べ慣れているから?
いや、やっぱり氣を使ってる?(苦笑)

可能性は1が大。

そして、目指すは2でありたい。
あ、でも美味しい正しいお料理の仕方をした味で
そう家族が思ってくれることが理想ですけれどね♪

美味しいには沢山の種類がある。

・美味しくてホッとする
ホッとするって、家庭の味なのかな?
昔から食べている味だったり、優しい味付けが多い。
そういう味、心、氣のこもったお料理を
子供に沢山食べてもらって細胞にインプットしてほしい。
細胞に口伝したい!家庭の味♡

美味しくて満足する味。ホッとする味。家庭の味。

でも、プロの方がつくるお味はまた格別であるということ。
家庭の味とプロのお味。

でも中川さんが口伝してくださるお味は、家庭の味としては
もったいないお味である。
そして、素晴らしい口伝である。

そんな口伝を大切に復習して、我が家の味、
定番料理にしたいです。
中川さんのような、身も心も温まるおいしいお料理を
作れるようになりたいです♪
by natume-kokoro | 2010-11-15 14:53 | むそう塾 | Comments(0)
<< 煮物復習 包丁研ぎその後 ④ >>