ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

ヘアーカラーアレルギーその後

ヘアカラーアレルギーのその後です。

病院で抗アレルギー剤(一番眠くならないもの)と
濃度の薄いステロイドの塗り薬をいただき、
数日過ぎたあたりから、変な頭痛を感じるようになり、
もしや、お薬?と 再診予定日を待たずに、
外来を受診しました。

その時のお医者様のお言葉
「普通、薬の副作用は吐き気です。頭痛なんてありません。
風邪かもしれないし、薬が原因だという根拠はありません。
でも、こうしていらしているのですから、違うお薬に
変えておきましょう。
新しいお薬は5%の人が眠気を感じるというお薬ですから」

しゅん。。。そうなんですか?と思いながらも
新しいお薬に変えたら頭痛は消えました。
良かった。






そして、予定の再診日に受診。
担当の先生は、
「頭痛がしたのですか???
 えーと、、、(とPCで薬を調べている)
 あっ!5%の人が頭痛と書いてあります。
 お薬変えてからは頭痛はないですか?
 新しいお薬の5%の眠気はでてないですか?」

と。(内心ホッ)
お医者様も、飲んでみなければ分からない副作用。
100人いれば、100人違う症状かもしれないということでした。


そして、湿疹もかなりおさまり、ステロイド剤を飲むほどではない
けど、痒みが伴うので、抗アレルギー剤を増やして2種。
ステロイドの塗り薬の濃度を少し上げて2週間後に再診。
ということになりました。

その後も、塗り薬を塗らなくても痒くない数日。お薬も飲み忘れて
しまうことがでてくるほどに、症状は軽減されています。
でも、飲み忘れると耳が痒くなる。

お薬を飲む事にガチガチの頭は、凄い抵抗を感じていました。
でも、耐え抜ける根性があるのか。ない_| ̄|○
現実もある。(仕事や家事、時間など)
早く治すためにはどうしたら良いのか。
この地獄のような痒みから抜け出したい!
その時に置かれている立場や環境によって、
臨機応変に対応するべきなのだなと思いました。
西洋医学のお勉強をちゃんとして、
資格を持っていらっしゃるお医者様。
かたや、ほんのちょっぴりのききかじりの知識しかない素人。
西洋医学とも東洋医学とも上手にお付き合いして
いくべきなのだな。と改めて思いました。

先日、2週間ぶりの再診に行って来ました。
抗アレルギー剤2週間分と、保湿剤をもらって
異常がでたら、すぐに来てくださいね。ということで
次回予約はなし。

まだ、頭皮が完治しておらず、触ると粉吹き状態ですが、
痒いという常時ある感覚からは、解放されているので、
粉=瘡蓋も、自然と減っていくでしょう。(ついつい気になって
触ってしまうのです(^.^;))
身体中の湿疹のあとも、時間とお手入れで少しでも
薄くなってくれるといいな。


今回のヘアカラーアレルギーも、心身の体調や、様々な要因が
重なって出たもの。原因を突き止めるのも なかなか大変なこと。
つきとめたとしても、それが永遠ではないものではないだろうか?
と思ったら、パッチテストをするのも、意味があるのかな?と
思えてきたりしています。
そもそも、自然の法則に逆らっているわけで(苦笑)
染めるという行為をするということ=危険性があるということを
しっかり熟知しておくことも、とっても大切なことなんだな〜と
思いしりました。誰が悪いわけではない。

自分の身体(心も)のことを
もっとちゃんと知らなくちゃいけない。
そう思った出来事でした。
by natume-kokoro | 2012-05-30 08:19 | 日々の出来事 | Comments(3)
Commented by at 2012-06-08 17:47 x
夏目さん、こんにちは。
今日はきっと、忙しい一日をすごしているのでしょうね。
その後、調子はいかがですか?
回復してきているといいのですけど・・・。

明日、元気な夏目さんスマイルの写真が見られますように^^
Commented by natume-kokoro at 2012-06-08 19:38
舞ちゃん、こんばんは〜♪
今日、すご〜〜く忙しかったの!なんでわかったんだろう?(笑)
その後はすっかり、元気です♪

あ、明日???と慌ててしまったよ〜〜〜(苦笑)
来週ですのよん♪明日行って、もう一回、桂剥き投稿
しちゃおうかしらん?(笑)
心配してくれて、コメントいただいてありがとう♡
その気持ちがとっても嬉しかったです♪
Commented by at 2012-06-09 10:51 x
きゃ〜!
一週間、間違えちゃったー!!
焦らせちゃってゴメンナサイ><

でも、お元気なようでよかったです♡
いそがしい1日、おつかれさまでした♪
<< 巡り合い、出会い ぬか漬けクイック講座に参加して >>