ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「第11回 むそう塾炊こう会」に参加して

「第11回 むそう塾炊こう会」に参加して参りました。
マクロ美風さんのブログにも記事が紹介されています。

この講座、個人的に大好きな講座の1つです。
久しぶりの参加。

さて、久しぶりにおかずを持って行って、
中川さんにご指導いただくという、なんともいえぬ緊張感。
慌ただしい中でも、しっかりお料理に向き合わなくては、
ご試食していただく中川さんにも材料にも失礼。
作りたい物は沢山あるけれど、時間と材料、様々な事を考えて
2品に絞りました。

<出汁巻き玉子>
たまにしか作らないから、ポイントが狂っておりました。
はい。しっかり頑張ります。今週末の息子の運動会の
お弁当のリクエストにしっかり入っています。

<厚揚げのトマト煮>
これは、昨年の卒業制作弁当の時の一品で持って行った作品の
リベンジがやっとできました。
ほぼ、OKをいただきました(ホッ)。
もっと美味しくなるポイントを教えていただきました。

皆さんのお料理も、作り手が違えば味も違う。沢山のお料理を
いっぺんに味見(いや、しっかり食べますけど(笑))ができる
という貴重な機会。しかも、中川さんのご指導付き。
本当に、毎回あんぐりとお口が開いてしまう解説に、感動。
あの舌を一度借りられる物なら借りて、体験してみたいと思う。
手も目も耳も鼻も脳みそも。(笑)

中川さのご指導を頂いたあとは、みんなでお食事♪
美味しいね♪
どうやって作ったの〜?
などと楽しい会話を繰り広げながら、沢山頂きました。
さて、お腹も満たされたので、

いよいよ炊きましょう♪
by natume-kokoro | 2011-09-24 18:03 | むそう塾 | Comments(4)

「第5回 包丁研ぎの会」に参加して

先日の愛クラスに引き続き
「第5回包丁研ぎの会」にも参加して参りました。

昨年より、円刃女王、二枚刃女王・・・沢山の女王に
輝き?(笑) 砥石を減らし、包丁の鋼も減らし、
包丁を研ぐ=力を込める ではないと知り(苦笑)
力を抜いていると思っていても、研げた包丁を
中川さんに見ていただくと、
「力入れ過ぎ!」と(涙)

今回の包丁研ぎは、切り方もセット。
包丁研ぎ=切れ味=お料理の仕上がり、味に関係
するのだと、改めて包丁研ぎと切り方の大切さを
確認させていただきました。

中砥石一本で、ピカピカに研げるなんて!ビックリ
いたしました。

包丁研ぎのコツがわかりそうです。
これから家で、ぶれないように包丁研ぎを続けられる
ようになりたいです。
力を入れなければ良いだけらしいんですけど(^_^;A

2日間連続講座に参加して、良い氣に包まれ、
中川さんの沢山の引き出しを知り、
敬服いたしております。

沢山の発見、ヒントがあり、楽しかったです。
ご一緒した皆様、ありがとうございました♪

f0209793_5332940.jpg
2日続けて福ZENを頂けて幸せ〜♡
by natume-kokoro | 2011-09-20 08:32 | むそう塾 | Comments(0)

「第54回 愛クラス」に参加して

「第54回 愛クラス」に参加して参りました。

eコントロールのデモが先月から始まりました。
自宅でも、このeコントロールの威力は凄い事が
わかっていたのですが、どうも?な所もありました。

中川さんが玄米ご飯を炊かれるところを拝見出来るのは
愛クラスのみ。その所作の中から沢山のポイントを
発見、氣がつきます。自己流になってしまっている点や
今まで氣がつかなかった点など。

中川さんの炊飯は、本当に凄いです♪
何度拝見しても、凄いです。

やはり愛クラスは大切な原点。
しっかりとした主食=中川式玄米が炊けてこそなんぼ。
主食を制することの大切さ。
改めてそんな事を感じました。

今回の愛クラスのメンバーは、なんと初受講のかたが
お1人とパスポート保持者8名の9名のクラスでした。
(残念な事にお一人急遽キャンセルでした)

あんな方やこんな方にもお会いできて、とっても
嬉しかったです。

素敵な氣をお持ちのrobizoさんにリードされ、
良い氣の流れで過ごせました。

マクロ美風さんのお話も、いつもその時に大切な事が
お伺いできて、勉強になります。

愛クラスは主食の大切さ、中川式玄米の進化を常に感じる講座。
そして、全てに繋がる基本の愛クラス。
中川さんの凄さを改めて感じた1日でした。

ご一緒した皆様、ありがとうございました。
パスポート取得、R投稿と頑張りましょう!

f0209793_5342648.jpg
久しぶりに頂いた福ZENは口福です♪

f0209793_5355043.jpg
目指せ!美味しい玄米ご飯♪(中川さんが炊いた玄米です)
by natume-kokoro | 2011-09-20 08:28 | むそう塾 | Comments(0)

笑える話 

いやいや、本当に子供って面白い。

先日幼稚園で、
娘は夫に教えてもらった事等を得意に話をしていた
ようで、先生に
「◯◯ちゃんのお父さんは、いろんな事
 知っているんだね〜凄いね」
と言われ、すかさず娘は
「だってお父さんはつむじが2つあるから!」
と答えたそうです(笑)
いやいや、この報告を受けて、笑った笑った。

夫はつむじが2つあります。(ええ、2つあるんです)
「なんで、お父さんはつむじが2つあるの?」
と、娘に質問をされる度に、
「つむじが2つある人は頭がいいんだよ」
なんて、自慢のような返事をしていたのです(笑)

うっかり変な事言えません(^_^;A
by natume-kokoro | 2011-09-14 13:22 | 子育て | Comments(0)

上級幸せコース 9月

あ〜身体に染み渡る 出汁。
身体が、喜ぶのがわかる。

日本食は、やっぱりお出汁。
日本人の身体には、やっぱりお出汁。
心身ともにホッとする。

幸せコースよりさらにレベルアップした
お出汁のひき方を口伝していただきました。

実にシンプルだけどタイミングが大切。
タイミング1つで、ほんの少しの差で
幸せの出汁か、全く以て別物になって
しまう世界。プロの世界は凄い!

More
by natume-kokoro | 2011-09-13 05:08 | むそう塾 | Comments(0)

ふわっふわ〜♪(追記あり)

サプライズ!

予定より早く到着した新しいお鍋。
早速 水実験。
ほほ〜こんな表情をするのね。
ふ〜ん。ここはどうなってるんだろう?
へ〜なるほど。と見ていても飽きない(笑)

すぐに炊きたいところでしたがドタバタとしていた
1日でしたので、落ちついて炊ける
翌朝の初炊飯まで待つことに。

お鍋も、使いやすく様々な工夫がされていて
それに感心しながら説明書とニラメッコをして
過ごしました。


今朝、早速初炊飯!
蓋を開けて、ふっくらの盛り上がりにビックリ!
しゃもじを入れて、更にビックリ!
もう〜 この炊き上がりはなに!?

・ふわっふわっ!
・1粒1粒の輝き方が全然違います。
・1粒1粒が今までより大きく膨らんでいるように感じます。
・なんとも言えない粒感がないという表現しか伝えられない
 のですが、本当に白米のような1粒1粒の柔らかさ。でも
 べちゃべちゃはしていない。

家族の反応は、
「すごい!フワフワしてる〜♪」
「甘くて軽い〜♪」
「すげ〜フワフワ!」
「おにぎり握る時も、お手手の中もすごく
  フワフワしていて違うねお母さん。」
(娘、今月に入り自分で握っています)

夫のお昼の感想も楽しみ♪(わかり次第追記いたします)

実は圧の保つ時間が少し足りませんでした。
それでもこの炊き上がり!

これから中川さんのオーダーメイドのご指導を受けて
これよりもっと美味しくなるかと思うと、
嬉しいを通り越し、どんな世界なのか想像もつかない世界に、
身震いと笑みが混在するワクワク感を味わっています。(笑)

中川さんは炊き上がりを1〜2割増と表記されていましたが、
炊き上がりが全く別の次元と私は感じました。
もちろん、私も自分のいつも炊いているお米だけしか炊いて
いませんので、私個人の感想です。
このお鍋の威力をしっかり出せるように、もっともっと
お鍋と仲良くならなくては♪

マクロ美風さんのブログにも新しいお鍋の記事がありました。

ほんまもんを、本氣で教えて下さるむそう塾
家族の健康の為に、常に美味しい中川式玄米ご飯を
炊き続けられるように、精進いたします。



f0209793_9185986.jpg

おいしい玄米ご飯が炊ける環境に、様々な事に
感謝の氣持ちを込めて。


<追記>

夫のお昼ご飯は、味わっている暇もなく過ぎ去ったようです。
玄米ご飯がお腹の中に入ってくれた事に感謝をして♪

夜、朝炊いたご飯を食べました。
凄く不思議なんですが、ふわっふわは変わらないのすが、
落ちついたというか、更に馴染んだというか。
また、朝とは違う美味しさがありました。
朝より白米に近づいた感じでした。

家族は
「夜のほうが、もっと粒が大きく感じた」
「夜の方が、フワフワ感が増した」
「白いご飯みたい!」
ということでした。

以上
by natume-kokoro | 2011-09-08 09:41 | むそう塾 | Comments(8)

子育て

家に巣を作ったヒヨドリの子育て。
巣を作り出し、卵を産んで、温めて、
羽化した雛。その雛に餌を運び
セッセと働く親鳥。
その親鳥の毛並みは、ボサボサなのです。
毛繕いなどしている暇はないのです。

餌を探しているときの表情。
餌を運んで来て巣に戻る前の行動、
人間が木に近づいた時の行動。

なりふり構わず必死に子育てをしている。
ひたすら、雛達の為に、一生懸命。

雛は、羽が生えて来て、目もあいて、
だんだん大きくなっている。

人間も動物も子育ては必死なんだな〜。
でも、動物の方がより必死に子育てに
純粋に向き合っていると感じるこのごろ。

1日1日を大切に、何に焦点を合わせるのか。
改めて考えた。
by natume-kokoro | 2011-09-01 04:57 | 子育て | Comments(0)