ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本氣

お料理をするときに、
目の前にあるもので、家にあるもので、手に入る材料で
作ることができるのも、とっても大切だと思います。

でも、このお料理を作るのであれば、
それに似合った最適の材料を揃えて作るということの大切さを
むそう塾に通わせていただくようになって、
つくづく感じます。(本当は、器選び、盛付まで繋がるのですが)

常に、目利きができていれば、家にあるものも常に
氣の良い材料であるということ。
使うものだけをその都度購入すればいい。
常に買い物で、目利きをすることができれば、よいということ。

どんな材料でも、その素材の状態を見極め、美味しく仕上げる
という技術というか腕も、大切だと思います。

でも、いざ、このお料理!というときに、
材料が揃わなければ、始まらないこともある!
ということを深く感じました。

よく、「本日は納得のできる材料の仕入れができなかったので
お店を開けない」というお店(料理人のプライド)を
聞いたり見たりします。当時は、すごいな〜としか
思わなかったのですが、今では納得です。

また、むそう塾では、最高の食材、材料、お道具、
いざという時の準備、場の氣もすべて整えて、
最高の状況で実習をさせてくださっているということの
凄さがあります。

その他にも沢山の目には見えない事が詰まっている。
そんなことに少し氣がついた◯年目。
もっと、見えてない世界が沢山あるのだろうと、
ワクワクいたします。
見えるか見えないかは、自分次第。
by natume-kokoro | 2013-02-18 10:38 | むそう塾 | Comments(0)

2期 上級幸せコース 2月

お料理を食べた人が、美味しい♪と最後まで思い、
美味しい♪と満足して、幸せにごちそうさまとできる。
そんなお料理を作る様々な工程、様々な気配り。

食材同志の調和、陰陽のバランス。
食べる人へのバランス。
お互いが夫々を引きたて合いながらも、
素材、夫々の良さを感じられるお料理。

中川さんのお料理は、本当に奥が深く、
そして、美味しい♪は舌だけでなく、胃腸、身体、
心、目、耳に響き渡る美味しさ。

ちらし寿司、巻き寿司を作りながら、
そんなことが思い巡らされました。
by natume-kokoro | 2013-02-16 23:57 | むそう塾 | Comments(0)

「腸から陽性になる講座 第11回」 に参加して

むそう塾の新年会へ向かっている時の新幹線で、
2月の腸から陽性になる講座では、
「春夏バージョンの金平」が登場するということを知り、
思わずポチッと申し込みボタンを押したのでした!

とっても楽しみにお伺いいたしました。

当日の様子はこちらからどうぞ。
思いがけず、中川さんの出汁巻きデモがあり、
とっても嬉しかったです!
美味しい春の福ZENに、芳醇なぬか漬け。
美味しい玄米ご飯にお味噌汁。しっかりと腹ごしらえをして、
いざ、再受講見学、開始!

春夏バージョンの金平は、中川さんが考えぬかれた
奥深い陰陽のバランスで、とっても美味しく、
感動の新しい味でした。
金平という世界が凄い広がりました。

ごま塩、今までの秋冬用の金平や鉄火味噌も、
改めて大切なポイントを確認できました。
どうしたいのか。そのためにはどうするのか。
何故そうするのか。全ては陰陽。

今回は、初参加はお一人で、残りは再受講見学希望組。
あれやこれや質問が飛び交い、自分では思わなかった事、
考えなかった方向からの視点など、
大きな大きな学びとなりました。
また、人のことはよく分かるもので(笑)知らずに自分も
そうなっているということに氣がついたり(^_^;)
大切な時間でした。
ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。

季節、食べる人、材料の状態など、様々なことを考えて
陰陽バランスを自然に取ることが、本来の人間の動物としての
本能のはず。
必要な物、必要なことは何なのか。
それを見極める力が大切。
感じられる五感が大切。

実はすごいシンプルだということ。
全ての原点は、中川式玄米炊飯にあり。
そんなことを深く感じた1日でした。

当日の美味しい福ZENのお写真つきで、
マクロ美風さんのブログにも記事が書かれています。

復習が楽しみです♪

f0209793_1053222.jpg
(中川さんの玄米ご飯)
by natume-kokoro | 2013-02-12 08:44 | むそう塾 | Comments(0)