ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の特別料理講座「涼麺と賀茂茄子ピザ」4回目(2013)

ちゅるピザ講座!悶絶講座!と
様々なサブタイトルがついた講座の最終回に参加してきました。

あの、5月の愛クラスに頂いたサプライズの美味しい冷や麦!
そして、昨年マクロ美風さんのブログで紹介されていたあの
幻の賀茂茄子ピザの秘密のベールが明らかになる時がやってきました!
当日の集合写真はこちら

美味しい夏の福ZEN
f0209793_9205391.jpg



美味しい夏の福ZEN(トマトのスイスイ付き♪)を頂いたあとは、
秘密のベールが明らかに!!!

いやいや。本当に中川さんの頭の中から、眼、鼻、口、耳、手と、
どんな精密機械がついているのだろうと思ってしまいます。(笑)
そうなる為には沢山のご苦労と沢山の努力も重なり
不動のものとなって中川さんの身体に染み付いているのだと
その凄さが際立って感じた日でした。

<涼麺>
汁は主役という涼麺。(いや、麺類はみんなそうなのです)
麺つゆは極上の一品です。
温泉卵に椎茸の含め煮、そして温泉卵!!!
温泉卵だと今迄思っていた物は、温泉卵ではなかったという事実(笑)
まんまる温泉卵が自宅で出来るなんて!!

盛りつけも、なるほどな〜と。
素晴らしいセンスとアイディアで、食卓が高級料亭に!

f0209793_2250214.jpg





<賀茂茄子ピザ>
いやはや。。実は昨年のピザの記事を読んで、あれこれ考えて
やってみたけど、美味しくなかった(苦笑)2013夏の告白(笑)

中川さんが口伝して下さった、賀茂茄子ピザは、
ピザでありながらもさっぱりで、お腹にもたれないピザ!
想像以上に美味しくて、冷めても美味しくて!

マクロ美風さんのブログに
「料理人 中川善博の陰陽料理」 賀茂茄子のピザという記事にその奥深さが
書かれております。

f0209793_7421516.jpg

(マクロ美風さんのブログよりお写真お借りしました)


今回の講座は、すぐに復習できるようにと、じつに細かいご配慮を
いただき、嬉しい限りでした。
あとは、再現力の問題です。はい。

皆さんと一緒に学ぶ事で、自分の視点観点以外からの
世界も広がり、実り多い学びとなりました。
ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。

サポートのnicoちゃん、ありがとうございました。
あ〜〜〜nicoちゃん(麗可ちゃんもですよ〜)が
近くに住んでいたら!とつくづく思うのでした。
先ずは、自分の努力からせねばです。
by natume-kokoro | 2013-07-31 10:52 | むそう塾 | Comments(0)

第5期 幸せコース 7月 麺三昧♪

1ヶ月間の桂剥き投稿を終えたあとの麺祭り♪
2期3期で学んだ内容より、実に進化していて、
進化前でも、充分お店で食べるレベルで美味しかったのに、
更に美味しくなっていて、どれもこれも
感動でした!

中川さんのお手本+8人8様の仕上がり!
いっぺんに9人分の味や出来上がりを体験
出来る事は、凄い贅沢です。

楽しい美味しい画像はこちらをどうぞ♪

座学も、お食事のお話。とっても良かったです。
何度同じ話をお伺いしても、
その時の自分のおかれている立場や環境で
感じる事や疑問に思う事が違って来るけど、
しっかり、これという芯、核がわかっていれば
どんなことでもスッと道がひらかれる。
ついつい、周りの装飾に眼が行ってしまうのだな〜と
痛感。

クラスメイトも1ヶ月間の桂剥き投稿で、隠されていた
楽しい発見もあったりで、みんなの思いがしっかり
表れて来たように感じました。
来月も楽しみです♪

正しく繊細にコピーを再現!
をテーマに麺祭り月間楽しみます♪


帰りの夕焼け
f0209793_7193882.jpg

by natume-kokoro | 2013-07-21 07:19 | むそう塾 | Comments(0)

2013桂剥き投稿 現実

1ヶ月、頑張って、本当はどうだったの?
どんなんだったの?と自分に聞いてみる。

最初は、がむしゃらに剥きまくっていました。
質と量を両方欲張ってました。
量だけで欲張る事での失敗は数々しているので(;^ω^)

でも、やはり、どこかで、ええ格好しいの私がいて、
上手にできた物だけ、上手に出来た所だけを
投稿していました。
でも、すっかりお見通しの中川さんから、
鋭い突っ込みをいただき、
それはそれは、悔しくて悔しくて、大泣きしました。

子供たちの前で、大泣きしました。
「一生懸命やっているのに、やっていないと言われて
悔しい思いで涙があふれて来ている」と話して。
でも、そんな暇もありません!
泣いたらスッキリ!
心新たに頑張る!

次から次にやってくる様々な事に、
突きつけられる現実に、
立ち止まってはいられない。
受け入れ、認め、
進まなければ限られた時間は過ぎて行く。

何かのせいにして、誰かのせいにして
その場から逃げても、それはまたいつか
目の前にやってくる。
笑って逃げて来た人生、もうやめたい。

今回は、逃げない。やる。
次から次に、出来ていない事や、
最後の仕上げを綺麗に仕上げたければ、
その前の行程が出来ているのかということが
重要になってくる。

そうやって、1つひとつ突き詰めて行く事を
今迄はごまかして来たんだな〜と。

出来なくて、煮詰まって、
あ〜ん、わからな〜イ!と言いながら
没頭する。その時は苦しいけど
今になれば、良かったと思うのだから不思議。

実際、全てのバランスがとれてなければ、
全ての行程で正しく出来ていなければ
美しい仕上がりはできないということを
嫌という程突きつけられました。

均一の厚さに剥き、
均等の幅に刻む。
機械のようでありながらも、機械ではできない仕上がり。
そんな良い氣を感じる物を自分の手から作り出したい。

自分の為に、正しく物事を覚える。
再現する。
繊細に感じる。観察する。

そんな癖を身につけたいと深く感じ
2013年桂剥き投稿は、終わりました。

次に挑戦する事があれば、是非また挑戦させていただきたいです。
誰の為でもなく、自分の為に。

沢山の皆さんに感謝です。

なんといっても、このような機会を与えて下さり、
全身全霊でご指導して下さった
中川さん。
素晴らしいご指導力と熱き情熱に感謝しても感謝しても
足りません。本当にありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願いいたします<(_ _)>
by natume-kokoro | 2013-07-21 04:05 | むそう塾 | Comments(2)

2013桂剥き投稿を通して「本当に大切な事は?」

むそう塾は、人間塾でもあります。
始めの一歩の玄米炊飯投稿の時に、その凄さの入り口に入ります。

桂剥きは、そのまた一歩も二歩も踏み込んだ領域に入ると言っても
良いと感じています。

玄米投稿や桂剥き投稿に限らず、何かを必死にやろうとすると、
様々なことが見えて来るのかもしれません。

今回、桂剥きをやっていて、1番感じた事は

本当に大切な事って何だろう?
ほんの一握りであり、それは基本の基本であり、軸であり。
美しくもあり、陰陽バランスが整っていて、
それは、人間工学にも宇宙の秩序にも沿っているものである。
その、軸、基本さえ正しく出来ていれば、
それに付随する他の事は、どうでもいいっということ。
まわりにある付属の装飾は、何でもいいの。
正しいとか、どれがいいとか、こうじゃなくちゃいけない。
ということは、ないということ。

それをとっても感じました。

そうすると、今迄の自分の生き方や考え方がおかしくなって、
笑ってしまいました。
また、嫌だと思ったり感じた事ほど、嫌だと感じただけで
その事から逃げていて、何故いやなのか?本当にいやなことなのか?
ちゃんとその事柄、人と向き合って来ていなかったということにも
露呈されてきました。

思考にへんな固定概念がついていたのです。
窮屈に生きているのは、窮屈にしている自分以外のなんのせいでもない。
そう思うと、心がス〜ッとしていきました。

とはいえ、長年ついた思考の癖や、様々な癖は
そう簡単に変わる事はできないのかもしれません。
でも、そんなことに氣がつけた事で、
苦しい事に向うなかでも、自分が成長できる生き方、考え方を
して行きたいと心に思ったのでした。
by natume-kokoro | 2013-07-21 04:00 | むそう塾 | Comments(0)

2013年 夏! 桂剥き投稿を終えて まずは、感謝から。

今年も、暑い1ヶ月の夏のドラマがやってきました。

まずは、1ヶ月間桂剥きが中心の生活でしたが、
夏風邪の流行る中、我が子達は健やかに学校へ通って
くれたこと。
夫は、何一つ言わず、大根の沢山入った重たいゴミを
出してくれたり、洗濯物を畳んでくれました。
大根を沢山買っても、黙ってみていてくれました。

おかずが少なくても、即席の食事だった時も文句1つ言わず
過ごしてくれた家族に感謝です。

なんといっても、1ヶ月間、24名の桂剥きの指導を
動画も含め、毎日毎日ご指導して下さった
中川さん。本当にありがとうございました。

途中でくじけそうになったとき、
美風さんに励ましていただきました。

塾生の方々からも、励ましのメールやTweetやDMをいただき、
本当に感謝です。

大根探しをめぐり、八百屋さんとのご縁もできました。
ツケで買い物ができる八百屋さん♪(値段がわからないときは)
「上手に出来るようになったら、もっといで〜!
 売ってあげるから!」と言って下さって、励みになりました。

剥いて刻んだ大根を、楽しみに待っていてくれた友人達。
ありがたかったです。

学校ではありえない事故やら、実家の用事やら、子供たちの用事で
常に片手しかあいていなくて。。。
両手で受け止められる時間がすごい少なくて。

剥けない時間は、その時間を大切に、その時間のことにしっかり
向き合いました。

1ヶ月間、寝ても覚めても自分の時間は桂剥きのことばかり。
濃い1ヶ月。そんな1ヶ月を過ごせた事に感謝です。
by natume-kokoro | 2013-07-21 03:55 | むそう塾 | Comments(0)