ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

2013桂剥き投稿 現実

1ヶ月、頑張って、本当はどうだったの?
どんなんだったの?と自分に聞いてみる。

最初は、がむしゃらに剥きまくっていました。
質と量を両方欲張ってました。
量だけで欲張る事での失敗は数々しているので(;^ω^)

でも、やはり、どこかで、ええ格好しいの私がいて、
上手にできた物だけ、上手に出来た所だけを
投稿していました。
でも、すっかりお見通しの中川さんから、
鋭い突っ込みをいただき、
それはそれは、悔しくて悔しくて、大泣きしました。

子供たちの前で、大泣きしました。
「一生懸命やっているのに、やっていないと言われて
悔しい思いで涙があふれて来ている」と話して。
でも、そんな暇もありません!
泣いたらスッキリ!
心新たに頑張る!

次から次にやってくる様々な事に、
突きつけられる現実に、
立ち止まってはいられない。
受け入れ、認め、
進まなければ限られた時間は過ぎて行く。

何かのせいにして、誰かのせいにして
その場から逃げても、それはまたいつか
目の前にやってくる。
笑って逃げて来た人生、もうやめたい。

今回は、逃げない。やる。
次から次に、出来ていない事や、
最後の仕上げを綺麗に仕上げたければ、
その前の行程が出来ているのかということが
重要になってくる。

そうやって、1つひとつ突き詰めて行く事を
今迄はごまかして来たんだな〜と。

出来なくて、煮詰まって、
あ〜ん、わからな〜イ!と言いながら
没頭する。その時は苦しいけど
今になれば、良かったと思うのだから不思議。

実際、全てのバランスがとれてなければ、
全ての行程で正しく出来ていなければ
美しい仕上がりはできないということを
嫌という程突きつけられました。

均一の厚さに剥き、
均等の幅に刻む。
機械のようでありながらも、機械ではできない仕上がり。
そんな良い氣を感じる物を自分の手から作り出したい。

自分の為に、正しく物事を覚える。
再現する。
繊細に感じる。観察する。

そんな癖を身につけたいと深く感じ
2013年桂剥き投稿は、終わりました。

次に挑戦する事があれば、是非また挑戦させていただきたいです。
誰の為でもなく、自分の為に。

沢山の皆さんに感謝です。

なんといっても、このような機会を与えて下さり、
全身全霊でご指導して下さった
中川さん。
素晴らしいご指導力と熱き情熱に感謝しても感謝しても
足りません。本当にありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願いいたします<(_ _)>
# by natume-kokoro | 2013-07-21 04:05 | むそう塾 | Comments(2)

2013桂剥き投稿を通して「本当に大切な事は?」

むそう塾は、人間塾でもあります。
始めの一歩の玄米炊飯投稿の時に、その凄さの入り口に入ります。

桂剥きは、そのまた一歩も二歩も踏み込んだ領域に入ると言っても
良いと感じています。

玄米投稿や桂剥き投稿に限らず、何かを必死にやろうとすると、
様々なことが見えて来るのかもしれません。

今回、桂剥きをやっていて、1番感じた事は

本当に大切な事って何だろう?
ほんの一握りであり、それは基本の基本であり、軸であり。
美しくもあり、陰陽バランスが整っていて、
それは、人間工学にも宇宙の秩序にも沿っているものである。
その、軸、基本さえ正しく出来ていれば、
それに付随する他の事は、どうでもいいっということ。
まわりにある付属の装飾は、何でもいいの。
正しいとか、どれがいいとか、こうじゃなくちゃいけない。
ということは、ないということ。

それをとっても感じました。

そうすると、今迄の自分の生き方や考え方がおかしくなって、
笑ってしまいました。
また、嫌だと思ったり感じた事ほど、嫌だと感じただけで
その事から逃げていて、何故いやなのか?本当にいやなことなのか?
ちゃんとその事柄、人と向き合って来ていなかったということにも
露呈されてきました。

思考にへんな固定概念がついていたのです。
窮屈に生きているのは、窮屈にしている自分以外のなんのせいでもない。
そう思うと、心がス〜ッとしていきました。

とはいえ、長年ついた思考の癖や、様々な癖は
そう簡単に変わる事はできないのかもしれません。
でも、そんなことに氣がつけた事で、
苦しい事に向うなかでも、自分が成長できる生き方、考え方を
して行きたいと心に思ったのでした。
# by natume-kokoro | 2013-07-21 04:00 | むそう塾 | Comments(0)

2013年 夏! 桂剥き投稿を終えて まずは、感謝から。

今年も、暑い1ヶ月の夏のドラマがやってきました。

まずは、1ヶ月間桂剥きが中心の生活でしたが、
夏風邪の流行る中、我が子達は健やかに学校へ通って
くれたこと。
夫は、何一つ言わず、大根の沢山入った重たいゴミを
出してくれたり、洗濯物を畳んでくれました。
大根を沢山買っても、黙ってみていてくれました。

おかずが少なくても、即席の食事だった時も文句1つ言わず
過ごしてくれた家族に感謝です。

なんといっても、1ヶ月間、24名の桂剥きの指導を
動画も含め、毎日毎日ご指導して下さった
中川さん。本当にありがとうございました。

途中でくじけそうになったとき、
美風さんに励ましていただきました。

塾生の方々からも、励ましのメールやTweetやDMをいただき、
本当に感謝です。

大根探しをめぐり、八百屋さんとのご縁もできました。
ツケで買い物ができる八百屋さん♪(値段がわからないときは)
「上手に出来るようになったら、もっといで〜!
 売ってあげるから!」と言って下さって、励みになりました。

剥いて刻んだ大根を、楽しみに待っていてくれた友人達。
ありがたかったです。

学校ではありえない事故やら、実家の用事やら、子供たちの用事で
常に片手しかあいていなくて。。。
両手で受け止められる時間がすごい少なくて。

剥けない時間は、その時間を大切に、その時間のことにしっかり
向き合いました。

1ヶ月間、寝ても覚めても自分の時間は桂剥きのことばかり。
濃い1ヶ月。そんな1ヶ月を過ごせた事に感謝です。
# by natume-kokoro | 2013-07-21 03:55 | むそう塾 | Comments(0)

5期 幸せコース 6月

暑い夏がはじまりました。

授業の様子はこちらからどうぞ。

己との戦い、挑戦。
# by natume-kokoro | 2013-06-16 10:29 | むそう塾 | Comments(0)

R投稿を終えて

玄米の炊き方秘伝(第71回愛クラス)に参加させていただき、
再受講者には期限付きで3回のR投稿の権利をいただきます。
投稿するもしないも、回数も自由です。

再投稿って、勇気いります。
パスポート取得していますが、中川式玄米炊飯は、
常に今の自分が現れてしまいますので、
がむしゃらにパスポートを目指していた時とは
違う緊張感があります。

中川さんに見て頂くとなると、上手に炊ける時と、
緊張していつもと違う炊きあがりになる時。
笑えるくらい玄米炊飯に現れてしまうのです。
でも、新たな自分の発見でもあったりします。
R投稿をしなくても、そんな自分の事を再発見し、
受講した分の成長を遂げる方もいらっしゃいます。
私は、投稿して見つめ直すタイプです。

今回は、お米が変わり、お米と仲良くなりたくて
参加いたしました。
決して、美味しいものを求めてだけの参加ではなかったのです!
(もちろん、楽しみにしていましたが(笑))

R投稿1回目
全てお見通しです。

R投稿2回目
中川さんにご指導いただいたからこそ、炊けた玄米ご飯です。

R投稿3回目
麗可ちゃんやマメコちゃん、ペロリさんのような炊き上がり、
小豆ご飯にならず。
1番、私に抜けている事に氣付きをいただいた課題となりました。

R投稿をする仲間との励まし合いは、励みになります。
玄米投稿時代もそうでした。投稿しながら、1人ではない
ということが励みになり、炊き続けた頃を懐かしく
思いだしました。

どうか、71期の方々にも、パスポートまで
たどり着いていただきたいです。
そして、1人でも多くの方がパスポート取得できますように。
健康への一歩を手にしていただきたいです。
毎日投稿していた、あの頃が懐かしく思い、
その頃の記事を読み返すと、恥ずかしくもありますが、
あの時の自分があって、今の自分があります。
中川さんと美風さんのご指導と、期が違っても
同時期に一緒に投稿していた仲間と、応援してくださった
先輩方がいらしたからこそ。
玄米投稿は、パスポート取得まで、
夫々の人のドラマがあるのだな〜とつくづく思いました。

今回のR投稿は、自分に足らない事への氣付きをいただけました。
毎回、心を込めてご指導して下さる中川さんに感謝です。
中川さんの玄米炊飯技術は、限りなく
進歩されていらっしゃいます。
そんな方の背中を追いかけるのが、たまりません!
(なかなか追いつけませんけど。。。)

明日は、幸せコース。
いよいよ桂剥きが始まります!
# by natume-kokoro | 2013-06-07 14:30 | むそう塾 | Comments(0)

味の余韻を楽しむ

昨日の愛クラスは、特別メニューがありました。

現役プロ料理人の中川さんの、美味しい冷麦。

お出汁と温泉卵のクオリティの高いこと!
全ての絶妙な味のバランス。
食べ終わる最後までを考えぬかれた味。

今でもその味が舌の奥の方に残っています。

「味の余韻を楽しむ」そんなことを
身体全体で初めて感じたお料理。
何か食べるのがもったいなくて、食べたくない。

夏の暑い日に、目にも口にもお腹にも耳も揃って、
美味しいお料理をいただきました。
作られている様子、出てきたお料理、食べて、
季節の香りを感じて、
丁寧に生きるって、こういうことなんだな〜と
感じた1品です。

一生忘れることの出来ない味が出来ました。
本当にありがとうございます。
そして、ごちそうさまでした。

f0209793_7581440.jpg

# by natume-kokoro | 2013-05-27 08:22 | むそう塾 | Comments(0)

玄米ご飯の炊き方秘伝(第71回 愛クラス) に参加して

当日の様子はこちらから。
Twitterでの呟きを見て、そそられ(笑)
3つ入っていた予定のやりくりをして、
参加して参りました!

全ては繋がっている。
愛クラスに始まり愛クラスに終わる。
いやはや、玄米炊飯の奥深さを知れば知るほど
楽しくもあり、その深さに唸るのでした。

スタッフ麗可ちゃんの真剣な姿勢にドキンとしました。

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。
パスポートを目指すお二人、応援しています!
R投稿組み、夫々の学びが深まるように炊きましょう♪

福ZEN
f0209793_741342.jpg

f0209793_7294114.jpg

# by natume-kokoro | 2013-05-27 07:42 | むそう塾 | Comments(0)