ブログトップ | ログイン

ちょっと陽性ですが・・♪

natumekoko.exblog.jp

娘のアトピー①(様々な出会い)

娘は第2子。
本来、親からの毒素を沢山もらって産まれてくる子は第1子が多い。

娘の場合、何が原因か?それは私にはわからない・・・・

・息子を出産後、マクロビオティック、玄米菜食という物に出会った。
・予定日を過ぎている事と、高齢出産だからと、陣痛促進剤を3日も使われ
 た揚句に、産声は上げるも、自分の便を飲み込んでしまい、
 新生児仮死状態⇒NICUに⇒2週間の入院生活となる。
 入院中も点滴あり。小さいのに一人で寂しかっただろうな・・・・
・私自身が子供の頃アトピーだった

etc・・・

とこんな背景がある。
妊娠中の食事は、息子を妊娠している時よりは、はるかに気をつけて
いたはず。ただし厳格にマクロビオティックではなかった。

生後2か月過ぎ、まだ予防接種を受けていない段階から湿疹が出てくる。
脂漏性湿疹かと思っていたけど。。。。




ちょっと目を離すと、思いっきりかきむしっている。
手袋をするも、生後4か月もしないうちから、その手袋を器用に足で
とって掻く。それほどかゆいんだ・・・・

ステロイド剤は使いたくない。出来ることは何でもやってみようと
色々と試した。
とある母乳育児相談所に通ったが、助産師さんからは、
ともかく攻めまくられた。沢山の人の前で
「この子かわいそうだろう~ お母さんがお腹の時にいるときに
食べ物に気をつけないからこういうことになったんだよ。親の責任だ
毎日、ここに通わなくてはいけない」なんて事を罵倒のように浴びさせられ
二人目にして、育児のノイローゼになるのではないかと思った。
本来ならお値段がかかるお道具を、無料でやらせてあげるんだから
毎日通わないなんて事があるか!くらいの勢いだった・・・・・
だんだん心が苦しくなり、ちょっと遠いけど違う母乳育児相談所へ。

新しく通いだした母乳育児相談所で、私たち母子、家族はどれだけ
救われたか。本当に。
・虐待なんて信じらないと思っていたけど、少しだけそういう気持ちに
 なってしまう事を垣間見たと思った。
・育児ノイローゼなんて。。。って思っていたけど、後いくつかの
 条件がそろえば、おかしくなっちゃうよなと思った。

舌癒着症という事を知り、家族全員手術をした。

娘はこの舌癒着症の本当の手術で、すごく変わりました。
毎日毎日、夜も手を握って寝ていた。でも気がつくと血だらけになっていた。
周りからは、薬を使わないという選択に非難の声も沢山あった。
くじけそうになったこともあった。

でもでも、ステロイドはどうしても使いたくなかった。
自分がアトピーで、ステロイドをつけても良くならない事を
体験していたから。

・温泉に毎日通った。娘の肌に合う温泉に。
・ホメオパシーというものにも出会った。
・抱っこ法というものにも出会った。
・オーラソーマというものにも出会った。
・癒しというテーマに気がついた。
・穀物菜食をされている方たちにも沢山出会った。
・穀物菜食の素敵なお宿にも出会えた。
・マクロビオティックのお料理の先生にも数名出会った。
・中川式玄米に出会った。

本当に沢山の出会いを運んできてくれた娘。
アトピーということで、家族はおのずと食事に気を使い
家族の健康にも繋がる。食事の世界の大切さを知る。
沢山の人の輪を広げてくれた。

一番辛いのは本人。なのにいつもニコニコしている。
なさけないな大人・・・・
 産まれて来てくれてありがとう。
by natume-kokoro | 2010-06-06 07:15 | 子育て | Comments(0)
<< 娘とアトピー②(食事編) 虹 >>